聞き上手な女性は美人よりモテる!聞き上手になるために私がした9のこと

聞き上手になるには

「聞き上手な女性はモテる!」

こんなことを聞いたことはありませんか?

聞き上手は、彼女にしたい女性やモテる女性の特徴などのアンケートなどにも、必ずと言っていいほどランクインしていますよね^^

でも、

  • 聞き上手になるにはどうすればいいの?
  • 話すことが苦手でも聞き上手にはなれる?

など、様々な疑問もあるかと思います。

私自身も、好みの男性や好きな男性から好かれるために、聞き上手になることを意識して会話をしてきましたが、その結果はしっかりと出ています。

そこでこの記事では、私が聞き上手になるために意識して行っていたことをご紹介していきたいと思います(`・ω・´)ゞ

聞き上手になって、モテるようになりたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.聞き上手になるために私が行った9のこと

では早速、聞き上手になるために行ったことを見ていきましょう(`・ω・´)ゞ

1-1.あいずちのレパートリーを増やした

あいずちは聞き上手になるための軸になると考えていたので、まずはじめに上手なあいずちを打つ練習をしていきました。

最初のころは、ネットでも取り上げられることが多い「さしすせそ」を意識して、あいずちを打っていました。

あいずちのさしすせそとは?

  • さ:さすが
  • し:知らなかった
  • す:すごい!
  • せ:センスいいね!
  • そ:そうなんだ

「あいずちのさしすせそを使うと、モテるようになります!」

ということが書かれているサイトも多いですが、実際のところ、これだけでは全くレパートリーが足りません^^;

なので、

  • 「へぇ・えぇ・おぉ」などの驚きを表現するあいずち
  • 「確かに・そうそう・分かる」などの共感を表現するあいずち
  • 「大変そう・意外」などの感想を表現するあいずち

などの、「驚き」「共感」「感想」を表現するためのあいずちも使っていくことを心がけていました(`・ω・´)ゞ

1-2.偏ったあいずちにならないようにした

ただ、レパートリーを増やしても使いこなせなければ意味がないと感じていたので、

  • こういう話をすると、こういう反応をする
  • 多分、こういうあいずちを打つ

ということを見抜かれて、上辺だけで聞いていると思われないためには、あいずちをパターン化せず、その時時によって使い分けることを意識していました。

さくら
芸能人の「えぇぇぇ!!」とか「おいしい!」みたいなお決まりにならないように注意したということですね(`・ω・´)ゞ

また、あいずちをパターン化しないために、言葉でのあいずちだけでなく、うなずきや表情などでのあいずちも合わせて練習していきました。

詳しくは「女性が合コンでモテたいなら「さしすせそ」以外の7つの相槌を使うべき」でご紹介しているので、参考にしてみてください。

1-3.質問をするようにした

「聞き上手になるには、よく質問することが大切」ということもよく言われることですよね^^

なので、私も質問することを意識していたのですが、話すのが下手だったので、なかなか質問ができずにいました。

さくら
何か質問しなきゃ!質問しなきゃ!!!質問しなきゃ!!!!!!

、、、、、、

という感じで、質問しなきゃいけないと思えば思うほど何も出てこなくなってしまうんですよね^^;

なので、私の場合はオウム返しを使った「バックトラッキング」というテクニックを練習していきました

バックトラッキングとは?

バックトラッキングとは、会話の中で出てきた相手の言葉を繰り返し、次の質問に繋げるテクニックです。

質問できないことに悩んでいた時に偶然バックトラッキングについての動画を見つけたのですが、実際にやってみると質問することがかなりラクになります。

その結果、自然に質問が出来るようになったり、会話の間をなくしたりすることが出来るので、なかなか質問が出来ない方はぜひ試してみてください(`・ω・´)ゞ

ちなみに、バックトラッキングを知った動画はこちらです。

1-4.相手の話にとにかく興味を持った

相手の話に興味が持てなければ、話を聞いている自分自身も楽しくないですし、おそらく話をしている相手も楽しくないと思います。

なので、自分に関係ない話や興味のない話でも、何か興味が持てることがないかを探しながら会話をすることを心がけていました。

さくら
また、会話の時だけでなく、

  • ニュースサイトなどで読んだニュース
  • テレビで紹介されていたお片付け術

などなど、日常生活の中からでも興味が持てることを探すことは出来るので、普段から「何か興味が持てることはないか?」と探す癖をつけておくことで、意外とどんなことにでも興味が持てるようになりますよ(`・ω・´)ゞ

1-5.会話の流れを意識しながら話した

会話はキャッチボールと言われますが、会話の流れを読むことは非常に大切なことだと感じています。

例えば、相手は速いボールを投げようとしているのに、流れを理解出来ていなくてゆっくりなボールを待っていたら、いきなり来た速いボールは取れませんよね。

なので、

  • 今はどういう話をしているんだろう?
  • どういう話の流れなんだろう?
  • 最終的には何が言いたいんだろう?

ということを考えるようにしていました。

1-6.楽しそうに会話をした

自分が話をしているときでもそうですが、やはり楽しそうに話を聞いてくれたほうが、話をしている側も楽しいですし、話も弾みやすくなると思います。

そのため、よく笑うことを意識して、楽しそうに会話をすることを心がけました

さくら
もちろん、相手や話の内容に興味を持っていれば、自然と楽しくなり笑顔は増えると思うので、まずは興味を持つことが大切ですね(`・ω・´)ゞ

1-7.リアクションは普段より3割くらい大きくした

やり過ぎると胡散臭くなってしまいますが、反応の薄い人より、ある程度反応してくれる人と話していたほうが楽しく、「また話したい」と思ってもらえる可能性が高くなると考えたので、リアクションも大きめにすることを心がけました。

ただ、私自身のキャラもありますし、先ほども書いたようにやり過ぎると逆効果になるので、普段よりも3割増しくらいを意識しました。

1-8.へりくだらないようにした

「聞き上手になる」と聞くと、相手よりも下になりヨイショヨイショするというイメージを持っていましたが、やはりへりくだってしまうと、本当の自分を分かってもらうことが出来ないですし、何より疲れます。

さくら
それが出来る女性が、真のモテる女性なのかもしれませんが、私の場合は難しかったです^^;

1-9.これらを繰り返し、出来ることが当たり前の状態にした

そして、

  • あいずちのレパートリーを増やした
  • 偏ったあいずちにならないようにした
  • 質問をするようにした
  • 相手の話にとにかく興味を持った
  • 会話の流れを意識しながら話した
  • 楽しそうに会話をした
  • リアクションは普段より3割くらい大きくした
  • へりくだらないようにした

ということを繰り返していき、これらのことが当たり前に出来るようにしていきました。

さくら
すぐに出来るようになったわけではないですが、特定の男性といる時だけでなく、日頃から意識して行っていくことで、少しずつですが聞き上手になってくことは可能です(`・ω・´)ゞ

もちろん、気になっている男性といる時だけ意識しても問題ないかもしれませんが、取りつくろった聞き上手だと、いつかボロが出てしまうこともあるかと思います。

そして何より、薄っぺらさを感じさせてしまうこともあるかと思うので、やはり日頃から意識して当たり前に出来るようにしておくことが大切なのではないでしょうか。

2.聞く力をつけて良かったと感じた3つのこと

上記のことを意識していくことで、何もしていなかった時と比べて、圧倒的に聞く力がついたと感じています。

そして、聞く力をつけ聞き上手に近づいた結果、以下のようなメリットを実感出来ています^^

2-1.楽しく会話が出来るようになった

これが一番大きなメリットだと感じています。

私は自分の話をするのが苦手でトーク力もなかったので、会話が途切れたりすると「何か話さなければいけない」と感じ、焦れば焦るほど何も出てこなくなってしまっていました。

しかし、聞き上手になったことで、会話が途切れることも格段に少なくなり、気持ちに余裕を持って会話をすることが出来るようになりました

焦ると、どんどん悪循環に陥ってしまっていましたが、余裕が出来たことで楽しく会話をすることが出来るようになり、好循環を作ることが出来ていると感じています(`・ω・´)ゞ

2-2.二回目以降の誘いが増えた

好みの男性やタイプの男性と出会い、食事などに行けたとしても、会話が盛り上がらず、二回目の誘いが全く来ないことも結構ありました。

ただ、聞くことを意識して会話をすることで、最低でも”気持ちよく話をしてもらうことは出来る”ので、二回目以降の誘いがかなり多くなりました。

さくら
焦っていた時には、知らず知らずのうちに顔が強張っていたり、つまらなさそうに感じられていたのかもしれません…。

そういった意味でも、楽しく会話が出来るようになったことは大きなメリットですね(`・ω・´)ゞ

2-3.恋愛以外でも役に立つことが多かった

また、恋愛以外でも役に立つことは多いです。

友人関係や仕事など、様々な場面で役立つので、これも聞く力を身につけることのメリットだと感じています。

3.さいごに

今回は、聞き上手になるために行ったことをご紹介しましたが、お役に立てましたでしょうか?

よく「聞き上手こそ話し上手」ということも言われますが、聞く力は、私のような話下手でも身につけることが出来るのが、大きな特徴なのではないでしょうか。

意識して練習していくことで、誰でも手に入れることは出来ると思うので、ぜひ日頃から意識して生活してみてくださいね(`・ω・´)ゞ

『彼氏いない歴=年齢』だった私が、理想の彼氏を作り結婚するまでにやったこと

「彼氏が欲しい」と思っているけれど、

出会いがない
何をしても上手くいかない
どうすれば彼氏ができるのか分からない

このような悩みをお持ちではないですか?

私は23歳まで彼氏が出来たことがなく、職場もおじさんばかりだったので、男性との出会いが全くありませんでした。

そんなことから焦りを感じて、

どうにかして現状を変えていかなければ、一生独り身で人生を終えることになる…なんとかしなければ…

と強く思うようになり、未来を変えていくために自分から行動していくことを意識するようになりました。

その結果、ぼっち生活に終止符を打つことができ、理想の男性と出会い結婚することが出来ました

もし、あなたが以前の私と同じように、

出会いがない
彼氏が出来ない

と悩んでいるのなら、私が理想の彼氏を作るためにおこなったことは、きっとお役に立てると思います(`・ω・´)ゞ

彼氏を作るためにやったこと

よく読まれている記事

コメントを残す

*